行きやすい病院と行きやすい病院の違いについて

患者さんに選ばれる病院の共通点

病院数は年々減少。経営対策には、外来患者数増加対策も組み込まれている。

医療サービスへの需要は高まる一方で、病院の経営は厳しさを増しています。医療財源のひっ迫による診療点数の引き下げや、医師の人材不足、高度な医療機器への投資などで、経営難に陥る医療機関が増えており、厚生労働省の調査では、自治体などが運営する公立病院の85%、私立病院の35%が赤字となっています。そのため、入院設備を持つ病院の統廃合が全国的に進み、経営対策には、外来患者数増加対策も組み込まれている。https://www.jahis.jp/action/contents_type=23

 

 

※調査データ1

一般診療所は年々増加。差別化をしていかない限り新規患者の獲得が難しくなってきている。

医師が個人開業する一般診療所は年々増えており、特色のある診療サービスを打ち出していかないと、
新規の患者を獲得することが難しくなってきています。
https://www.jahis.jp/action/contents_type=23

 

 

病院も、一般診療所も、集患対策をしていかないといけない中、選ばれない病院はどんな病院でしょうか。

 

 

どんなに医療技術が高い先生がいたとしても、抱えている不安さが払拭できなかったり
ネガティブな印象を受けてしまうと、あの病院は行くのをやめようと思ってしまう

 

 

【患者さんの不安】
・治るか不安
・本当にきちんと診てもらえるのか不安
・患者に寄り添った対応をしてくれるか不安
・なんとなくあの病院は雰囲気が暗い

 

 

マイナスなイメージを患者さんにもたれてしまうと、
どんなにいい病院だったとしても、それを知ってもらうことができません。

 

患者さんの不安を払拭し、選んでもらうために必要な2つのこと

 

 

信頼できる先生

 

 

ここだから

選びたいという

気持ち

 

 

信頼できる先生がいる上で、プラスアルファのこの気持ちを生み出すには人としての親しみやすさが実は重要なポイント

 

「人としての親しみやすさ」を考える上で大切なこと

 

 

患者さんに次回以降も気持ちよく来ていただくには、「第一印象」が決め手といえます。なぜなら、患者さんはクリニックへ入った瞬間に、環境面、対応面、行動など、いろいろなことを判断するからです。

以下の図は、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが考案した「メラビアンの法則」になります。 「メラビアンの法則」とは、人の第一印象は「視覚」、つまり「見た目」で判断されるというものです。みなさんも初対面の方に対し、パッと見て「話しづらそう」とか「ちょっと怖そう」と感じたことがあると思います。
https://clinicstation.jp/topics/2714/

ユニフォームで変えられる第一印象

 

 



ブルーの効果:落ち着き、リラックス、信頼
 

 (脈拍を下げ、呼吸もゆっくりと深くなると考えられます)

 

 



ピンクの効果:親しみやすさ、優しさ、あたたかさ
 

 (心と体を若返らせる効果もあると言われています​)

 

患者さんが、第一印象で「安心感・信頼感」を感じる
ユニフォームはこちら



ピンクの効果:親しみやすさ、優しさ、あたたかさ
 

 (心と体を若返らせる効果もあると言われています​)

 



ブルーの効果:落ち着き、リラックス、信頼
 

 (脈拍を下げ、呼吸もゆっくりと深くなると考えられます)

 

 

どんなユニフォームがいいか実際相談したい!
という方はお問合せよりご連絡ください。